1986年、『ウホッホ探検隊』(根岸吉太郎監督)で撮影監督デビュー。

1997年にはモントリオール世界映画祭スペシャルグランプリ、ベルリン国際映画祭国際アートシアター連盟賞を受賞した『眠る男』(小栗康平監督)で、第一回東アジア映画祭最優秀撮影賞、第51回毎日映画コンクール撮影賞、第50回日本映画技術賞撮影賞を受賞。撮影監督としての地位を不動のものとする。 近作に『さくらんぼ 母ときた道』(2007年)、『いのちの山河〜日本の青空II〜』(2009年)などがある。 (C)株式会社アイマックス